衝撃! 佐々木希が演じた“セックス依存妻”が渡部建にソックリ…

©株式会社日本ジャーナル出版

(C)まいじつ 

『週刊文春』で告発された不倫問題により、芸能生命の危機に立たされている『アンジャッシュ』の渡部建。今回のスキャンダルでは、彼の異常なまでの性欲の強さが判明したわけだが、一方で、妻・佐々木希が過去に演じていた役柄に〝好奇の目〟が集まっている。

記事内に登場した女性の告発によると、渡部は独身時代から複数の女性と肉体関係を持ち、佐々木との結婚・第1子誕生後も関係は継続されていたという。

都内勤務の一般女性Xさんは「多いときには週2回ほど関係を持っていました」と証言しており、何とトータルでは30回を超えているとか…。渡部は15分ほどで行為を終えると、女性に1万円を渡してシャワーも浴びせないまま即帰宅させていたそう。また、東京・六本木の『六本木ヒルズ』駐車場に呼び出しては、公衆多目的トイレでコトに及び、わずか3~5分でその場を後にしていたという。

妻が演じた“セックス依存症”を患っていた!?

よほどムラムラとしていたのか、公衆トイレでコトに及ぶというハレンチ極まりない暴露を受けてしまった渡部。その他の不倫実態からも超人級の性欲がうかがえ、ネット上には、

《セックス依存症だったのかね? 同時期に5人なんて》
《渡部はどう考えてもセックス依存症だよなぁ…》
《普通は家族ができたりしたら他のホルモン分泌で相対的に下がっていくものなのに、要はセックス依存症やろ》
《今回の渡部さん典型的なセックス依存症では? 書いてあること全部異常過ぎる》

など〝セックス依存症〟を疑う声まで続々と上がっている。6月11日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)でも、報道局社会部デスクの下川美奈氏が「異常な行動な感じがして(セックス依存症だった)タイガー・ウッズを思わせる」とコメントしていた。

そして何の因果か、佐々木は過去に〝セックス依存症〟の役を演じたことがあるのだ。

注目されている作品は、2017年配信の『Hulu』オリジナルドラマ『雨が降ると君は優しい』。佐々木は同ドラマで〝セックス依存症〟に悩む妻を熱演し、夫と愛し合いながらも他の男と関係を重ねている。

「佐々木は作品内で、仲むつまじい夫婦生活を送っていたのですが、抑えきれない衝動から、不特定多数の男性と肉体関係を持ってしまいます。しかし、抗えない結果とはいえ夫のこともきちんと愛しているので、自己嫌悪に耐えきれなくなり心理カウンセラーのもとを訪れるのです。依存症により、愛しているのに夫を裏切る行為を止められない…そんな心の葛藤を抱いた難しい役柄でした」(テレビ雑誌編集者)

17年といえば、ちょうど佐々木と渡部がゴールインを果たした年。一部報道では佐々木に離婚する意思はないとされているが、〝セックス依存症〟を演じただけに、渡部への理解が深いのかもしれない。