渡部建も居た!『アメトーーク』“女の子大好き芸人”ヤバ過ぎメンツ…

©株式会社日本ジャーナル出版

(C)まいじつ 

不倫問題による芸能活動の自粛を発表し、悪い意味で〝時の人〟となっている『アンジャッシュ』の渡部建。特大スキャンダルに世間は大騒ぎしているが、どうやらその兆しは以前から現れていたようだ。

渡部の命運が決定付いたのは6月9日のこと。この日の夕方、渡部はテレビ・ラジオ各局に芸能活動自粛の申し入れを行い、世間は突然のニュースに大きな衝撃を受けた。当初は自粛の理由も明かされず謎に包まれていたが、ほどなくして原因が渡部の不倫にあったことが発覚。申し入れ翌々日発売の『週刊文春』に、渡部の不倫スキャンダルが掲載されていたのだ。

不倫は複数の女性と行われており、渡部本人も「文春」の取材に対してこれを事実だとコメント。また、一部スポーツ誌では相手にセクシー女優が含まれていたとの情報もあり、美人女優・佐々木希を妻に持ちながらの不倫に、好感度は地に堕ちることとなった。

しかし振り返ってみると、渡部の〝女好き〟は今に始まったことではない。

渡部以外にも“お騒がせ芸人”だらけ…

2011年3月、『アメトーーク!』(テレビ朝日系)にて「女の子大好き芸人」なる企画が放送された。この日のゲストに出演したのは、『チュートリアル』徳井義実や『オリエンタルラジオ』藤森慎吾、『ピース』綾部祐二といった〝プレイボーイ〟で知られる面々。一同は若い女性の魅力を興奮しながら語っていたのだが、渡部もこの回にしっかりと顔を並べていた。

同企画は好評だったようで、4年後の15年4月には「いい歳して…若い女の子大好き芸人」という第2弾も放送。同回には『ペナルティ』ワッキー、『スピードワゴン』小沢一敬といった新メンバーも加わったのだが、渡部はここにも続けて出演している。

渡部以外にも、同企画にはワッキー、徳井、『TKO』木下隆行が2回連続で出演。そして何の因果か、彼らは不倫やパワハラ、所得隠しなど、みな何かしらの問題を起こしている。

「『女の子大好き』といえば多少聞こえはいいものの、結局この企画には女好きで性欲の強い芸人が集まっていたということでしょう。『文春』では渡部の異常なまでの性欲が赤裸々に暴露されていましたし、ワッキーも『ワンナイR&R』(フジテレビ系)に出ていたころ、『打ち合わせでボールペンを落としたフリをして、小池栄子のパンツをいつも見ていた』と最低なエピソードを『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)で語っています。藤森に至っては12年に元カノのモデルを中絶させた過去が発覚していますし、異常な者ばかりと断じざるを得ません」(女性誌記者)

昨年9月放送の「私生活芸人っぽい芸人」では、〝常識人代表〟としてMCサイドに座り、一同の行動に首を傾げていた渡部。その際には「AVなんて見ない」とも発言していたが、もしセクシー女優との不倫が本当ならば何とも皮肉な話だ。