2次補正、批判抱え成立

コロナ対策、適正執行課題

©一般社団法人共同通信社

2020年度第2次補正予算が可決、成立した参院本会議=12日午後

 新型コロナウイルス感染症拡大に対応する2020年度第2次補正予算が12日の参院本会議で可決、成立した。一般会計の歳出総額は補正予算で過去最大の31兆9114億円で、雇用や家賃支援を充実させる。予備費に異例の10兆円を確保。政府は感染の再流行に備えるためと説明している。

 国会審議では、中小企業に最大200万円を手当てする持続化給付金などを巡って巨額委託費や支給遅れに批判が集まった。2次補正の成立後も給付金の早期支給や適正な執行が課題となり、行政の透明性確保に向けた安倍政権の姿勢も問われそうだ。