中国、オーストラリアに次々圧力

コロナ調査発端、関係悪化

©一般社団法人共同通信社

オーストラリアのモリソン首相(ゲッティ=共同)

 【シドニー共同】新型コロナウイルスの発生源や感染拡大を巡り、オーストラリアが独立調査の必要性を主張して以来、中国が激しく反発。オーストラリアへの人やモノの動きに次々と圧力をかけ、両国関係は悪化の一途をたどっている。

 「オーストラリア旅行には決して行くな」。中国政府は今月5日、中国人らへの人種差別的な言動が広がっているとして国民に注意喚起。9日には、オーストラリアへの留学も慎重に判断するよう呼び掛けた。

 オーストラリアへの中国人観光客は年間約140万人、留学生は約20万人と国別で最多を占めるだけに影響は大きい。