アンミカ、コロナ禍で仲よし夫から「声がうるさい、顔もうるさい」

©株式会社光文社

6月11日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)で、アンミカがコロナ禍での変化を語った。

アンミカは、夫でイベント制作会社社長のセオドール・ミラー氏とラブラブで、浜田雅功も「この番組に(夫婦で)来たときもずっとくっついてた」と明かす。

アンミカは「旦那さんの笑顔はイライラしている人の待ち受け(画面)にしてほしいぐらい、心が平和になる」と告白。

だがコロナ禍で「旦那は私にイライラしたみたい」と話す。普通に「ごはんやで」と伝えたところ、夫から「前から言おうと思っていた。声がイヤ。うるさいねん」と言われたという。

外出自粛の前は、夫はアンミカの声を「小鳥のさえずり」と表現していたが、「君の声が大きくて耐えられない」と言われてしまう。

そこで、声のトーンを抑えて、そのぶん表情を豊かにすると、今度は「顔もうるさい」と言われたことを明かしていた。

アンミカはウェブ「mi-mollet」で、自身の経験から夫婦の問題を『提案型』で解決することをコメント。

「『あなたはどうして家のことを何もしてくれないの!』ではなくて、『今までよりも時間がなくなってしまっている。家事も仕事なので、この時間はあなたに子どもの面倒を任せたい』とか『1日のこの時間だけは私だけの時間がほしい』などの“提案”をする。

そもそも、家に大人2人がいる時点で『家事手伝うよ』じゃなくて“2人で手分けして助け合うことなんだ!”という話ですが……」

世間では「コロナ離婚」も話題に。ソーシャルディスタンスは守りつつ、心の距離は話し合いで近くしておきたい。