アテネ銀・山本博が記録会に参加

アーチェリーの大会再開が本格化

©一般社団法人共同通信社

アーチェリーの記録会に参加し、弓を引くアテネ五輪銀メダリストの山本博(左)=横浜市

 新型コロナウイルスの影響で中断していたアーチェリーの大会再開が本格化し、横浜市の富岡総合公園アーチェリー場で14日、2004年アテネ五輪銀メダリストの山本博(日体大教)らが参加して記録会が開かれた。57歳の大ベテランは「試合の感覚に慣れず、苦労した」と3月以来の実戦に戸惑いを口にした。

 矢を放つ時を除きマスク着用が求められ、競技前には検温も。5度の五輪でメダル2個を獲得した山本は出場予定の12試合がなくなり、1カ月ほど矢を放つ練習もできなかったという。「開催と聞いて本当にうれしかった」と、前夜は興奮で寝付けなかったそうだ。この日は645点で2位だった。