PayPay、非加盟店がポイント連携できるツールを公開

©ダイヤモンド・リテイルメディア

企業は自社サービスの利用者に「PayPayボーナス」を付与することができるようになる

スマートフォン決済のPayPay(東京都千代田区)は6月12日、PayPay加盟店でなくても自社のEC(インターネット通販)サイトなどでPayPayとポイント連携できるAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)ツールを公開した。

企業はPayPayのAPIと自社のECサイトやウェブサイトを連携されることで、自社サービスの利用者への特典やポイントとして「PayPayボーナス」を付与することができるようになる。利用者は付与されたPayPayボーナスを全国のPayPay加盟店などで使える。自社のポイントをPayPayボーナスと交換することも可能になる。

連携ツールの名称は「PayPay残高API」。企業がPayPay残高APIを活用するためには、PayPayと契約を結び、2社間で開発を行う必要がある。また、利用者は企業サイト内でPayPayアカウントにログインし、アカウント連携することでPayPayボーナルを受け取ることができるようになる。

【小売・流通業界で働く人の情報サイト_ダイヤモンド・チェーンストアオンライン】