シールドをゴルフ団体へ寄贈

山本光学、石川ら通じ計3千枚

©一般社団法人共同通信社

 サングラスなどを製造する山本光学は15日、合計3千枚のフェースシールドを、男子ゴルフの石川遼と芹沢信雄を通じて国内ゴルフ3団体へ寄贈したと発表した。ゴルフ大会などを開催する際の、関係者の感染対策に活用される。

 5月に埼玉県の医療機関向けにフェースシールドを寄贈した石川は「スポーツ界全体が『withコロナ』の考えを求められている」と強調。芹沢も「スポーツを楽しみながら、感染を防ぐ環境づくりを率先していきたい」とコメントした。