関電、19億円超賠償求め提訴へ

旧役員5人に、監査役は見送り

©一般社団法人共同通信社

 関西電力は15日、金品受領問題を巡り八木誠前会長ら5人の旧経営陣に計19億3600万円の損害賠償を求め、大阪地裁に提訴すると発表した。臨時監査役会を開き、5人に取締役としての注意義務違反があると結論付けた。原発立地地域の有力者から不透明な「原発マネー」の還流を受けていた民事責任が法廷で問われる。17日までの提訴を目指す。

 5人は八木氏、岩根茂樹前社長、森詳介元相談役の歴代3社長のほか豊松秀己元副社長と白井良平元取締役。連帯しての支払いを求める。

 現旧監査役の提訴は見送る。森本孝社長ら現取締役の提訴も見送る。