河野防衛相、「地元におわび」

地上イージス計画停止表明で

©一般社団法人共同通信社

衆院安全保障委で答弁のため挙手する河野防衛相=16日午前

 河野太郎防衛相は16日の衆院安全保障委員会で、15日に表明した地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」配備計画の停止について「地元の皆さまにはご迷惑をお掛けしてきた。おわびを申し上げなければいけない」と述べた。国家安全保障会議で議論した上で必要ならば方針変更を閣議決定する可能性にも言及した。

 防衛省は地上イージスの秋田、山口両県への配備を進めてきたが、迎撃ミサイルを発射した後、ブースター部分を自衛隊演習場内などに確実に落とせない技術的問題が判明。河野氏は「導入を決めた当時としては正しかったが、コストと期間を考えると合理的な判断とは言えない」と語った。