パワハラで映画会社を提訴

元従業員、日常的に理不尽な言動

©一般社団法人共同通信社

東京地裁に提訴後、記者会見する原告(左の4人)ら=16日午後、東京都港区

 東京と京都で映画館を運営し、作品製作や配給などを行う映画会社「アップリンク」の浅井隆社長から日常的にパワーハラスメントを受けたなどとして、元従業員5人が16日、社長や同社に計約760万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。

 原告側によると、5人は元社員や元契約社員ら。他の従業員や映画館の客の前で理不尽な理由で叱責され、「おまえは病気だ」などと人格を否定されるような発言もあったという。

 浅井社長は同日夜「訴訟を提起されたことに関して、真摯に受け止めております。不適切な言動があったことを深く反省し、謝罪致します」などのコメントを同社ホームページに掲載した。