「こんなん許したらあかんぞ」 上沼恵美子、渡部建を怒りの断罪! もはや不倫というカテゴリーですらない

©TABLO

写真はイメージです

6月15日、タレントの上沼恵美子さんがパーソナリティーを務める『上沼恵美子のこころ晴天』(ABCラジオ)に出演。アンジャッシュ・渡部建さんの不倫騒動について「後味の悪い不倫」「こんなん許したらあかん」とぶった斬った事が話題です。

上沼さんは「オカベ? 渡部か」と言い間違いをしながら「私ね、面識ない言うたら、『えみちゃんねる』に初期の頃きたて…いちいち覚えてないのよ」とさほど面識がないことを前置きし、「えらいことやね! ひさしぶりに後味の悪い不倫でしたね」とバッサリ。

共演のシャンプーハット・てつじさんや北村真平アナウンサーが「これまでの不倫がまだかわいらしく見えるような…」と相槌を打つと、上沼さんは「見える見える。別にイメージがいいからとか…。それでいうたら東出さんの不倫のほうが、なんか一番罪深い感じすんね、見た目ね。罪深さで言うたら」と東出昌大さんを引き合いに出しつつ「今度の人、確信犯みたい。どういうたらいいのかな、女の人をモノとして見てますでしょ?」と、後味が悪いと思ったポイントをズバリ。

続けて上沼さんは「ところが…赤ちゃん小さいな? かわいい子やろな。2人の子だったら」とまだ1歳という渡部さんと佐々木希さんの長男に思いを馳せつつ「奥さんも今、歯食いしばって…。とにかく渦の真ん中におるから、クッと歯を食いしばって涙を流さないで気張れているけど、ちょっと時間が経つと、もう虫唾が走るんちゃうかなと思うんやけど」と佐々木さんの心情を慮ったのでした。

その後、上沼さんは怒りが収まらないといった調子で「あのね、モノがなんか陰険やわ。思わへんか? 男の人は庇うの?」と共演の2人に質問しつつ「やっぱりあたしは後味悪いというか。なんじゃこりゃ、というか。こんなん許したらあかんぞと思いますわ!」と言い放ったのでした。

その後、3人は東出さんの不倫を引き合いに出しながら、まだ東出さんの場合は心情を想像できるなど人間味がある部分があるとしながら、渡部さんの場合は、もはや不倫というカテゴリーですらないのではという結論に。上沼さんは「舐めてる。もう世間すべてを舐めきってるわ。仕事も先輩も視聴者も。みんなを舐めきって『僕は世界一』って思ってるような、したたかな、鼻持ちならんものを感じる」とあらためて怒りを滲ませていました。

東出さんの不倫が発覚した際は、3月1日放送の『上沼・高田のクギズケ!』(読売テレビ系)にて「もう一度役者やりたいんやったら道は一つ。この番組に来ること!」「私がうまく誘導します。東出さん、任せてください。もうカッコつけないほうがいい」「『こんな顔してますけどスケベなんです』と言わないかん!」と叱咤激励していた上沼さん。しかし渡部さんの件に関しては、こんな冗談(?)も出てこないほど怒り心頭の様子だったのでした。(文◎小池ロンポワン)