沖縄で台湾で名古屋めし!?大定番の「沖縄そば」を名古屋めし化

【日本!ご当地グルメ名古屋めし化計画】

©TVA

皆さんこんにちは、こんばんわ。作家兼名古屋めし料理家のSwind(スインド)です。

 日本!ご当地グルメ名古屋めし化計画、第6回は九州沖縄ブロックから。名古屋めしと肩を並べるほど個性豊かな料理があふれる沖縄県から、大定番の「沖縄そば」を名古屋めし化します。

↓前回はこちら

 編集長 沖縄県民のみなさんが、名古屋と「肩を並べる」と思っているかは、果たして疑問ですが……。

 名古屋めし料理家として、沖縄の個性的なご当地グルメの数々は負けてられない!って常々思ってます。

 ところで、実は今日作る料理がこの企画の原点なんですよね。まだ名古屋めし料理家として駆け出しの頃、新しい名古屋めしを開発できないかなーと思って作ってみたのが、沖縄そばを使った名古屋めし「沖縄台湾まぜそば」でした。

 編集長 沖縄で台湾なのに名古屋めし。もはや所在地がわからなくなってきてませんか?

 いやいや、台湾とつけばそれはもう名古屋めしじゃないですか(真顔)。 

沖縄食材のお店に行った時に「沖縄そばの麺って太めだから台湾まぜそばに使ってもいいかも?」と試しに作ってみたらこれがまぁおいしいのなんのって。

 そこから「あれ? これって日本全国のご当地グルメで同じようなことが出来るのでは?」と名古屋めし化企画を練り始めたというわけです。

 編集長 なるほど、よくわかりました。出発点にして原点の味と。これは期待していいやつですね?

 もちろん、ご期待ください。それでは「沖縄台湾まぜそば」のクッキング、スタートです!

 沖縄風味の台湾ミンチ、追い飯も最高

まずはいつものとおり材料から。今回はニラや玉ねぎの代わりにクレソン、コリアンダー(パクチー)、島らっきょうなどの沖縄の食材を用意しました。

 編集長 これはかなり沖縄に寄せてますね。

 せっかく沖縄台湾まぜそばにするなら、沖縄食材でなるべく揃える方が楽しいかなと。

ちなみに今回は「八重山そば」とパッケージに書いてあるこちらを選びました。茹でた麺に油を絡めてあるのでそのままでも食べられるそうです。

 にゃちこ (ひょっこり首を出して)でも、沖縄にその味噌だれは無いと思う。 

*にゃちこ はSwindの奥さん。茨城県出身の食べる担当。今回は登場3回目

 いや、味噌だれは全国どこのご家庭にもあるはずだから(すっとぼけ)。

 さて、気を取り直して。最初は具材の野菜を細かく刻むところからですね。彩りにトマトも用意しています。

 続いて、決め手の台湾ミンチ作り。レンチンでお手軽に作る方法もありますが、今日はちょっと本格的に。といっても、豚挽き肉を炒めて調味料を合わせるだけです。しっかり水分を飛ばすのがポイント。

今回はタコライスのミンチに使うタコソースをベースに味噌ダレ、島七味を合わせた沖縄風味の台湾ミンチとしました。

  麺には、沖縄そばのスープの素を絡めて味付けをしておきます。このとき一緒に魚粉を少しまぶしてから和えると、味が絡みやすくなります。スープの素は塩気が強めなので麺2食に対しスープの素1つ分ぐらいが目安です。

  あとは、麺や他の具材とともに皿に盛り付けて完成。せっかくなのでソーキも細かく刻んで乗せてみました。

ニラの代わりにコリアンダー(パクチー)を使って沖縄っぽさを演出です。

  編集長 これが見た目からそそられますね。映えそう。

 台湾まぜそばが映える料理ですからね。コリアンダーの鮮やかな緑が加わって、いっそう爽やかな仕上がりになりました。沖縄の風を感じる仕上がりになっていると思います。

 にゃちこ なんか作家っぽいこと言ってる。 

 いや、一応作家だからね?

さて、出来たてのうちに実食いってみましょう!

んーっ! おいしーっ! 名古屋のノーマルな台湾まぜそばと比較すると、どこか透き通った、爽やかな旨辛味に仕上がっています。これはやはり、沖縄の風土に育まれたスパイスたちのおかげですね。

そして、沖縄そばのだしが絡んだ麺に台湾ミンチがほどよく絡んで、どんどんどんどん食べていけますね。彩りに添えたトマトも爽やかさプラスしてくれています。

編集長 さわやかな風にあたっているような味わいということですね。

そして、台湾まぜそばと言えば忘れちゃいけないのが追い飯。これがまたいいんです。

 

 ということで、全部完食でした! ん? にゃちこどうした??

 にゃちこ 追い飯多いから、あとで白川公園を3周ね(Swindのおなかつまみながら)

アッハイ……。 

さて、今回で全国各ブロック1つずつ回りましたので、次は2周目となります。次はどこに向かうか、お楽しみに!

 作ってみたレポート&感想はTwitterにて募集中。ハッシュタグ「 #名古屋めし化計画 」をつけての投稿、よろしくお願いします!

■沖縄台湾まぜそば

・おいしさ:★★★★★

 ・お手軽さ:★★★☆

 ・名古屋っぽさ:★★★★

 ・沖縄県民から島七味を口に流し込まれる度:★★★★★★★★★★

 <材料>(2人前)

・コリアンダー(パクチー) 2~3株程度 ※1cm程度に刻む

・クレソン 1把分(10~15本)程度 ※1cm程度に刻む

・島らっきょう 3株程度 ※みじん切り

・にんにく 2片程度 ※みじん切り

・ネギ 3分の1本程度 ※薄く輪切りに

・ミニトマト お好みで(なくてもよい)

・ソーキ 2枚(80~100g)程度 ※荒く刻む、チャーシューでも可

 ・豚挽き肉 150g

○タコソース 大さじ3程度

○チューブ入り味噌ダレ 大さじ1.5程度

○島七味(または普通の七味唐辛子) 小さじ半分程度(辛さの好みで加減)

○チューブ入り生姜 1cmぐらい

○チューブ入りニンニク 1cmぐらい

 ・魚粉(カツオ粉) 適量 ※トッピング用

・刻み海苔 適量

 ・卵黄(生) 2個

 ・沖縄そば(八重山そば) 1食分

・魚粉 小さじ半分 ※味付け用

・沖縄そばのスープの素 2食分

 ・白ご飯 食べたいだけ

 <作り方>

1.具材の野菜とソーキを刻む

2.豚挽き肉をほぐしながら炒め、○の調味料を合わせて味付けする。

3.沖縄そばをボウルに入れ、味付け用の魚粉をまぶしてから、沖縄そばのスープの素で合える。

4.3のそばを皿に盛り付け、中央に2の沖縄台湾ミンチを載せ、周囲にその他の具材と薬味を並べる

5.沖縄台湾ミンチの中央をくぼませ、卵黄をのせて完成。よく混ぜて食べる。

6.麺を食べ終えたら白ご飯を追い飯して食べると具材まで綺麗に食べられる。

【筆者プロフィール】

Swind(スインド)

作家兼名古屋めし専門料理研究家。名古屋と名古屋めしを題材とした小説、漫画原作、コラム、レシピ等の執筆活動を行っている。これまでに考案した名古屋めしのレシピは100本以上。最近ではyoutubeにも活動の幅を広げている。

Twitter: https://twitter.com/swind_prv/

YouTube:  https://www.youtube.com/c/swind758/