父親「保育園に預け忘れた」

2歳女児死亡、車内に放置か

©一般社団法人共同通信社

 茨城県つくば市で車に7時間ほど放置された疑いがあり死亡した女児(2)の父親(40)が、「保育園に預けてくる予定だったが忘れていた」という趣旨の説明をしていることが18日、捜査関係者への取材で分かった。県警は熱中症で死亡した可能性があるとみて、司法解剖で詳しい死因を調べる。

 署と捜査関係者によると、家族は4人暮らしで、死亡した女児は次女。父親は5月から在宅勤務で、長女と次女の送り迎えも主に父親が行っていた。母親(42)は朝から仕事で外出していた。

 父親は17日午前8時ごろ、次女を同乗させて長女(8)を小学校に送り、その後、自宅に戻り勤務した。