新感覚の乗り物「トライク」に注目!全国からファンが集まる専門ショップの代表がその魅力を語る

©103R株式会社

オートバイのような開放感と自動車のような安定性を兼ね備えた三輪バイク(トライク)が根強い人気を誇っています。近年は街中でも見かける機会が多くなり、アウトドアファンにも支持されたことで、ジワジワと注目度が高まっているようです。

今回は、千葉県柏市にあるトライクのプロショップ「Garage ELF」(ガレージエルフ)に注目。代表の植原学さんにインタビューし、専門店の知られざる業務内容やトライクの魅力、今後の目標などについてお聞きしました。

「Garage ELF」代表・植原学さんインタビュー

具体的にどのような業務をされているのでしょうか?

「トライクはオートバイを改造したものなんです。なので、当店ではオートバイを仕入れ、それを改造し、ナンバーをつけられるように車検を取るというのがメインの業務になります」

トライクはどんな魅力があるのでしょうか。

「何といっても一番の魅力は『目立つこと』ですね。あと、オートバイのような開放感がありますが、バイクと違って自立するので自分で車体のバランスをとる必要がありません。そして、普通免許で運転することができます。ですから、老若男女、車いすの方でも乗ることができるオートバイなんです」

専門ショップを起業されていかがでしょうか。

「お客様がいて成り立っている商売なので、お客様と仲良くさせてもらいながらやっています。当店では、納車して終わりではなく、納車してからがスタート。『お客様と一緒に楽しむ』をモットーに営業しています」

「お客様と一緒に楽しむ」とはどういうことなのでしょう?

「たとえば、トライクは教習所で乗り方を教えてくれないので、僕がお客様に乗り方の講習をしています。そういったことを一緒に楽しんでやっているんです。また、納車日の当日に『僕がOKを出すまで乗っちゃダメ』ということで運転技術をチェックしたりもしていますね。そうすることがお客様の安全にもつながりますし、安全じゃないと心から心から楽しめないですから」

今後の目標をお聞かせください。

「今の目標はサイドカーの製作です。今もサイドカーの販売はしているんですが、ウチのオリジナルのものを出していきたい。若者が欲しくなるような、乗ってみたくなるようなサイドカーの提案をしていきたいですね。もうイメージはあって、頭の中では走っていますよ。あとは形にするだけ。現実的には車検の問題もあるんですが、それもクリアできるかなと思っています」

「お客様と一緒に楽しむ」をモットーに精力的に活動されている植原さん。トライクの専門店はまだまだ少なく、ゆえに「Garage ELF」には全国からお客様が来店しているそうです。トライクの魅力発信基地としても、同店への注目度