『四畳半神話大系』続編 ! 森見登美彦×上田誠×中村佑介、待望の最新小説『四畳半タイムマシンブルース』カバーデザイン解禁!

©有限会社ルーフトップ

森見登美彦氏の初期代表作のひとつでアニメ版にもファンが多い『四畳半神話大系』。 株式会社KADOKAWAは、 続編となる『四畳半タイムマシンブルース』を2020年7月29日(金)に発売。 カバーイラストは、 前作に続き、 人気イラストレーター・中村佑介氏が担当。 カメラを手にした明石さんと時計を中心に、 様々な格好をしたキャラクターたちが賑やかに描かれている。

懐かしいあの面々による不毛なやり取りと、 タイムマシンをめぐるドタバタに、 最初から最後までにやにやと頬が緩んでしまうこと請け合いだ。発表から長い年月が経ってもなお、 根強い人気を誇る両作品。 その魅力がかけ合わさった本作をどうぞ楽しもう。

森見登美彦よりメッセージ

読者の皆様へ、 新作小説『四畳半タイムマシンブルース』をお届けいたします。 森見登美彦の小説『四畳半神話大系』、 劇団ヨーロッパ企画の舞台「サマータイムマシン・ブルース」。 この二者を合体させればどうなるか、 という単純素朴な発想であります。 真夏の四畳半アパート「下鴨幽水荘」を舞台に、 『四畳半神話大系』の登場人物たちが、 突然あらわれたタイムマシンをなんとか有効活用しようとするのですが……。 『四畳半神話大系』、 じつに十六年ぶりの続篇(?)となります。 コロナの魔風が巷に吹きすさぶ今日この頃、 この古風かつ明朗愉快な小説が、 息苦しい自粛生活における一服の清涼剤となれば幸いであります。

読みどころ 3つのポイント

1.ひさびさ! 腐れ大学生ものにして『四畳半神話大系』続編

2.ついに! 森見登美彦と劇作家・上田誠、 盟友コンビによる 異種コラボ

『四畳半神話大系』と「サマータイムマシン・ブルース」 (劇団ヨーロッパ企画の舞台作品) が悪魔合体?

互いに信頼をよせる盟友二人の代表作がひとつになり、 この夏いちばん熱いコラボレーションが実現!

3.もちろん! 中村佑介のオリジナル・カバーイラスト

文芸WEBマガジン「カドブン」で第一章44ページ分を公開中

https://kadobun.jp/serialstory/yojohantb/a5wdgvmfo6go.html