「家の中がジャングル」こじるり、自宅で野菜作りにハマる

©株式会社フジテレビジョン

6月18日(木)、都内にて「新しくなった のどごし<生>出発式!」が開催され、新CMに出演中の桐谷健太、小島瑠璃子がゲストとして出席した。

桐谷健太
小島瑠璃子

2人は夏を先取りした爽やかな黄色の浴衣姿で登場。ステージに設置された「新!のどごし<生>」巨大缶をアンベールすると、興奮した様子ではしゃぎながら巨大缶の表面をスリスリと触っていた。

続いて、2人は“「のどごし<生>」あいうえお作文”に挑戦。桐谷が<「新」しくなったのどごし<生>は!/「し」ゅわ〜っとしたキレに/「く」ぅ〜となって…/「な」んやこれは!?/「っ」あ〜〜うまい/「た」まらんっ!!>と擬音語を多用した勢いのある文章を見せると、小島は「気持ちが伝わりますね!」と称賛。

一方、<「の」どにグググっとくるのどごしが/「ど」〜してこんなに美味しいの!!/「ご」くごく飲めて/「し」ごと終わりに/「生」きてる〜!!って感じさせてくれます。>と整った作文を披露した小島。「ちゃんと作文になってるよね」と桐谷が彼女の文才を褒めると、「真面目なところが出ちゃってますよね(笑)。器用貧乏というか」とはにかんだ。

そんな小島は今、“ベランピング”(=ベランダでキャンプなどアウトドアを楽しむこと)にハマっているといい、そこで「のどごし<生>」を飲むことを楽しんでいるという。

「2020年の夏に新しく挑戦したいこと」を聞かれると、桐谷は「自然と戯れたいですね。自然のある場所に身を放り出したい」とコメント。小島は「野菜作りです。もともと母が畑をやっていて、そこから土をもらってベランダで育てはじめていて、バジルと大葉とトマトを育てています。これでカプレーゼが作れるなと思って。このおうち時間で、野菜とか観葉植物を育てることにハマっちゃって、家の中がジャングルみたいになっています(笑)。すごく癒されています」と明かすと、桐谷は「しゃれてますね〜」と感心していた。

そのほか、壇上で乾杯を交わしたり、桐谷が人生初の「テープカット」に挑戦したりと、バラエティに富んだ出発式となった。

イベント後、代表取材に応じた2人。久しぶりのPRイベント登壇となった桐谷は「今回、小島さんと明るい感じで仕事できてうれしかったですね」、小島は「今までやってきたイベントって、幸せなことだったんだなと感じました。今回はすごく楽しくトライさせていただきました」と感慨深い様子だった。

さらに、桐谷は現在のおうち時間について「何もしない時間を僕は大切にしていましたね。当たり前だと思ってた時間ってそうじゃなかったし、自分を見つめる時間になっていました(笑)。ちゃんとこうやって生きてるって、いいなと思いました」と回顧。

“ベランピング”にハマっていると明かした小島は、「ベランダにキャンプ用のイスやテーブルを置いて、外に出ているような気持ちになれますし、夜風に当たれて、すごく良いです。今後新しく野菜を育てるとしたら、ナスがいいですね!麻婆茄子とか作りたいです」とコメント。

さらに、「この自粛期間中に、ツイッターでフォロワーさんに“出来るだけ時間がかかる料理を教えてください”って聞いて、「角煮」に挑戦したのですが、すごく美味しくできました!おうち時間での発見でした」とこの期間を楽しんでいたことを明かした。