阪神の西勇、開幕投手へ調整

巨人相手に闘志「いつも通り」

©一般社団法人共同通信社

開幕戦に向けキャッチボールで調整する阪神・西=東京ドーム

 阪神の開幕投手を担う西勇は真っ先に敵地、東京ドームのマウンドへ向かい、座らせた捕手役を相手に軽めの投球練習を行った。オリックス時代に務めて以来2年ぶり2度目の大役に向け「戦う前の準備が一番大事。マウンドの感触をつかみたいなと思っていた」と詰めの調整にも抜かりはなかった。

 チームは宿敵の巨人に8年連続で負け越しており、昨季はクライマックスシリーズのファイナルステージでも敗れた。勢いをつける投球が求められるが「淡々とやることが大事だと思っている」と平常心を心掛ける。「とにかく試合をつくること。いつも通り投げていけばいいと思っている」と静かに闘志を燃やした。