首相、夏に新たな安保政策議論

敵基地攻撃力の保有念頭

©一般社団法人共同通信社

通常国会の閉幕を受け、記者会見する安倍首相=18日午後、首相官邸

 安倍晋三首相は18日夕、通常国会閉会を受け官邸で記者会見した。地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の計画停止を受け、夏に国家安全保障会議(NSC)で安保政策の新しい方向性を徹底的に議論すると表明。敵基地攻撃能力保有も含めた対応が念頭にある。衆院解散・総選挙は「頭の片隅にもないが、信を問うべき時が来ればちゅうちょなく解散を断行する考えに変わりはない」と述べた。

 自民党を離党した河井克行前法相と妻案里参院議員の逮捕について「わが党に所属していた現職国会議員の逮捕は大変遺憾だ。かつて法相に任命した者として責任を痛感している」と陳謝した。