禁煙施設をPRするステッカー 県が作成、事業者に配布

©株式会社山陽新聞社

県が作成した禁煙施設のステッカー

 受動喫煙を防ぐため、多数の人が使う施設や飲食店などを原則屋内禁煙とする改正健康増進法が全面施行(4月1日)されたのを受け、岡山県は禁煙施設であることを示すステッカーを作成した。事業者に配り、施設内や店先に貼ってアピールしてもらう。

 長方形(縦14センチ、横11センチ)とだ円形(縦11センチ、横17センチ)の2種類。「きれいな空気をありがとう 屋内禁煙を実施しています」「禁煙宣言」といった文字を記し、県のマスコットキャラクター・ももっちのイラストを添えた。

 県の各保健所・支所などの窓口にある「禁煙施設宣言書」をその場で記入して提出すれば、即時に受け取れる。郵送や電子申請サービスの場合は後日郵送で届く。

 客席面積100平方メートル以下の小規模飲食店は改正法の対象外だが、県は、従業員を雇用している場合は受動喫煙の対策に取り組むよう努力義務を課す独自条例を制定。10月1日の全面施行を予定し、喫煙室の撤去や分煙設備の設置といった改装費用の一部を助成する制度も設けた。

 問い合わせは県健康推進課(086―226―7328)か県の各保健所・支所。