柳ゆり菜が「探偵・由利麟太郎」に出演。志尊淳の印象は「キュートフェイスに鋭い牙」

©株式会社東京ニュース通信社

柳ゆり菜が、フジテレビ系連続ドラマ「探偵・由利麟太郎」(火曜午後9:00=関西テレビ制作)の6月23日放送・第2話にゲスト出演することが分かった。

同ドラマは、吉川晃司演じる白髪の名探偵・由利麟太郎が、ミステリー作家志望の青年・三津木俊助(志尊淳)とバディを組み、数々の奇怪な難事件に挑むホラーミステリー。第2話「憑かれた女」で柳が演じるのは、祇園のクラブ「マダム・シルク」のホステス・神崎美沙子。きつい性格で、同じ店で働くホステスの吉岡エマ(水上京香)を強く敵視し、いじめる役どころだ。

エマは得体の知れない“黒い影”に襲われる悪夢に悩まされ、心を病み、血まみれの女性の幻覚を見るなど意味不明な言動を繰り返す。そんなエマに嫌気がさした美沙子は、エマを「男の気をひいている虚言女」と激しく罵倒。ドロドロとした愛憎劇が展開される中、何者かに腕を切断された美沙子の遺体が発見される。

柳は「性格のきつい女の子のオファーをいただくことが多いのですが、その中でも上位に入るくらいのきつい女の子でした。どう演じようかと最初はとても悩みました」と明かし、「演じている時は、思いっきり感情を発散するので、スッキリするというか、スカッとはするんです。ただ、意地悪をする理由はきっとあると思うんですけど、人を傷つける瞬間が多いので、後でちょっとした自己嫌悪になってしまうこともあります」と悪女役ならではの苦労も。

今回の志尊との共演には「何度か共演させていただいていますが、志尊くんは柔らかいキュートフェイスに鋭い牙も持っていて、正反対の魅力が合わさっている俳優さんだと思います。今回、共演シーンが少なかったので、オンエアがとても楽しみです」と語っている。

そして最後に「作品の中でも、特に怖い回だと監督に伺いました。恐ろしいシーンも不思議なシーンも多いお話だと思います。ぞくぞくしながら、でもどんどん引き込まれていく内容になっております。ミステリーの世界を楽しんでいただけるドラマだと思うので、ぜひ期待してご覧ください」とメッセージを寄せた。