【新型コロナ】「つぶらな瞳」で心の疲れ、癒やします 出張ポニー「トム」大人気

©株式会社神奈川新聞社

カメラ目線で〝笑顔〟を見せるクラブで人気者のポニー「トム」=秦野市の乗馬クラブクレイン神奈川

 新型コロナウイルスの感染拡大や長引く自粛ムードに心をすり減らす市民を癒やそうと、秦野市の乗馬クラブが立ち上がった。クラブきっての人気者ポニーが県内各地の商業施設などに無料で出張。ふれあった人たちから「手触りが気持ちいい」「かわいくて心が和んだ」などと好評を博している。

 プロジェクトを始めたのは「乗馬クラブクレイン神奈川」。クラブのアイドル「トム」が1日から、商業施設の広場やコンビニエンスストア、地元の豆腐屋などに出向き、地域住民たちに心安らぐひとときと笑顔を届けてきた。

 トムは20歳のオスで、人間に換算すると40歳近く。チャームポイントはつぶらな瞳。首や鼻筋を手でなでると、ぺろりと舌を出して喜びを表現する人懐こさが人気だ。

 各地の出張先では、自動車3台分以上のスペースが「厩舎きゅうしゃ」に様変わり。参加者はトムと触れ合えるほか、餌やりやブラッシング、記念撮影も楽しめる。