ペンギン「みーちゃん」すくすく成長 三重・志摩マリンランド

©株式会社伊勢新聞社

【一般公開されているフンボルトペンギンのみーちゃん(志摩マリンランド提供)】

 【志摩】志摩マリンランド(三重県志摩市阿児町神明)は、今月5日の営業再開に合わせて昨年12月に誕生したフンボルトペンギン「みーちゃん」を一般公開している。同館では4年ぶりの誕生といい、元気に成長している姿を見せているという。

 みーちゃんは昨年12月8日早朝、17歳のオスと12歳のメスによるペアの間に誕生した。同ペアの産卵は4回目だが、ペアによる子育てがうまくいかなかったため、今回は初めてスタッフによる人工哺育での成育を試みているという。

 ふ化直後の体重は75グラム。現在は魚も食べるようになり、3.4キロにまで成長した。散歩をさせた際、ネコのように道のすみっこを歩いたことからこの愛称が名付けられたという。

 来年の夏前から終わりにかけての換羽期に完全に大人と同じ毛に生え替わるとみられ、担当スタッフは「スタッフによって育てられたため人間に慣れている。この先体験イベントなどで活躍してもらいたい」と話している。問い合わせは同館=電話0599(43)1225=へ。