深田恭子の“私服”がキョーレツ過ぎ!「しまむら900円コーデかよっ」

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

(C)まいじつ 

6月19日号の『FRIDAY』が、女優・深田恭子の買い物姿をスクープ。周囲を威圧するほどの〝イカつい格好〟に、ネット上から「死ぬほどダサい」「しまむらで900円」などのツッコミが続出している。

5月13日に写真集『Brand new me』を発売し、「書泉・女性タレント写真集売上ランキング」で1位に輝くなど、ルックスも人気も〝無双状態〟の深田。同写真集は「史上最高の〝深キョンBODY〟」と銘打たれている通り、トレーニングで磨き上げられた美ボディーがウリ。健康的な小麦色の肌を、ハワイの空の下で惜しげもなく披露している。

そんな深田が私服で現れたのは、5月中旬の東京・港区の六本木にある高級スーパー。食材やワインなどを買い込んだようだが、ネット上で注目を集めたのが、その〝ギャルギャルしい〟姿だった。

オールブラックの深キョンが衝撃的…!

「ピチッとした黒のロゴTシャツに、黒のドット柄のフレアミニスカート姿。黒のロゴキャップに黒マスク、極め付きは黒の薄手のタイツという〝オールブラックコーデ〟だったのです。また、スマホケースはヒョウ柄、お財布はショッキングピンク、胸上あたりまであるロングヘアは、ハイライトとピンク色のメッシュが施された派手なデザイン。外出自粛要請で仕事もままならない今、〝こんなときにしかできない〟と、ご自身の好きなスタイルを存分に楽しんでいるのかもしれませんね」(ファッション誌ライター)

しかしながら、ネット上ではそんな深田の私服に対し、

《深キョン好きだけど、私服や私物がこんなにダサいと思わなかった…!》
《田舎のヤンママ感出てる 全体的に10年単位で古クサい》
《ひらっとしたスカートにこのサイズのTシャツに胸にでかいロゴ。本当に時代を感じる2000~2005年くらいに流行してた服だと思う》
《一昔前のファッション。深キョンほどかわいくてもアップデートしていかないと古クサくなっちゃうんだね》
《半袖にストッキング。暑いのに変》
《ビジュアルを売りにしてる女子プロレスラーみたい》
《何でお金あるしかわいいのに、しまむらで900円で買った物を無理やり組み合わせたみたいな格好するんだろう… 不思議でならない》

などと、辛らつなツッコミを入れる声が続出。〝ほわん〟としたイメージとのギャップにショックを受ける声も相次いでいる。

芸能界随一の〝悩殺ボディー”を持つ深田。もはや、深田自身が輝き過ぎているため、相対的に服が霞んで見えてしまうのかもしれない。