『ヒルナンデス』南原清隆の“モノマネ“が異例の大ウケした理由「レベル高過ぎ」

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

(C)まいじつ

芸歴36年とは思えない超スベリ芸人の『ウッチャンナンチャン』南原清隆が、珍しく視聴者の爆笑を誘ったようだ。

夏に雪が降るようなレアシーンが訪れたのは、6月16日放送の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)だった。この日、番組では火曜レギュラーによる仮装ものまね大会が行われ、メンバーが誰のものまねを行っているかを当てるクイズを実施。南原は『チョコレートプラネット』松尾駿とともに登場し、ものまねミニコントを繰り広げていった。

南原は前髪が垂れたカツラと、テープで目を下げて細くした仮装で登場。アゴをしゃくらせながらハスキー気味の声を出し、一体誰に扮しているのかスタジオにはナゾの空気が走る。松尾はタートルネックのセーターにロングスカート、センター分けのロングヘア姿でものまねを披露。2人がやり取りを繰り広げると正解発表となったが、気になる答えは「J.Y.Parkのオーディションを受ける篠原涼子」というとてつもなくニッチなものだった。

Nan Projectのオーディションを受ける篠原涼子さん #ヒルナンデス #ナンチャン #松尾駿 #Nan Project

A post shared by ヒルナンデス! (@hirunandesu_ntv_official) on

スベリ芸人・ナンチャンが大ウケする奇跡!

『J.Y.Park』とは、韓国の男性シンガー兼音楽プロデューサー。彼は韓国の大手芸能事務所とソニーミュージックによる共同ガールズグループプロジェクト『Nizi Project』の製作総指揮・プロデューサーを務めており、日テレで放送されている同グループオーディション番組『虹のかけ橋』にも登場している。南原と松尾はJ.Y.Parkと篠原に扮することで、『ハケンの品格』(同系)と「虹の架け橋」の〝番組を越えたコラボ〟をものまねで実現することとなったのだった。

特に南原のものまねは、韓国のガールズグループが若者に人気とあって、若い女性の大爆笑をかっさらうことに。SNSを見ると、

《笑い過ぎておなか痛い》
《ナンチャンのjyparkのものまねクソワロタwww》
《ナンチャンも虹プロ見てるんだ草》

などと好評の声が上がる他、J.Y.Parkの愛称「餅ゴリ」に絡めた、

《ナンチャンが餅ゴリのものまねしてるwww》
《餅ゴリのものまねレベル高過ぎる》
《ヒルナンデスに変えたとたん餅ゴリ出てきてご飯吹きそうになった》

などの声が続出していた。

南原に対して芸人というイメージがない若い世代にも、かつての輝きを見せつけることができたようだ。