渡部建も安心! 大スキャンダルから“華麗に復活”した芸能人たち

©株式会社日本ジャーナル出版

(C)まいじつ 

複数女性との不倫が報じられ、芸能活動自粛となった『アンジャッシュ』渡部建。内容のエグさや妻の佐々木希を傷つけたこと、爽やかなイメージの崩壊などから、芸能界復帰は絶望的という見方もある。しかし、大スキャンダル後に華麗に復活した例もいくつかあるので、渡部にだって可能性がないわけではない。早速、紹介していこう。

まずは『ゲスの極み乙女。』のボーカル・川谷絵音。2016年1月にタレントのベッキーとの不倫が報じられた上、既婚者にもかかわらず〝独身と偽ってベッキーに近づいた〟という証言も飛び出して大炎上。一躍、国民の嫌われ者となった。さらに同年10月に、未成年女性タレントとの飲酒も発覚するなど、嫌われ度はエスカレート。

しかし、今年6月15日放送の『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)に出演した川谷は、「2年前から休みなし」という超多忙ぶりを告白。いくつもの仕事依頼がきて、充実した音楽ライフを過ごしていることを明かしていた。

女子高生と淫行しても大復帰!

続いては、お笑い芸人の狩野英孝。狩野は12年2月に一般女性と結婚したものの、それから6日後に不倫が発覚。その後も不倫報道が続き、14年9月に離婚となった。さらに16年には、二股疑惑で大騒ぎに。加藤紗里という〝モンスター級のタレント〟を世に放つという重い罪を犯した。

さらに狩野は17年1月、17歳の女子高生との淫行疑惑報道が。謝罪会見を開いたもののそのまま無期限謹慎となり、復帰するまで半年を要した。しかし復帰後の活動は凄まじく順調。最近ではYouTube動画も大人気となるなど、嫌われている様子など一切ない。

最後は、モデルで女優の香里奈。14年3月発売の『FRIDAY』で、大股開きのベッド写真が流出。その後一気に仕事がなくなり、そのまま消えていくかと思われた。

ところが、約1年後には地上波連ドラの主演が決定。その後もコンスタントにドラマ出演を続けるなど、スキャンダルがなかったかのような活躍を続けている。

渡部も数年後には、再びお茶の間の人気者になっているかもしれない。