<あのころ>W杯敗退、倒れ込むヒデ

衝撃の引退表明へ

©一般社団法人共同通信社

2006(平成18)年6月22日、サッカーW杯ドイツ大会のブラジル戦でジーコ・ジャパンの敗退が決まると中田英寿がピッチ上に倒れ込んだ。自身のホームページで現役引退を表明したのは11日後。29歳でピッチを去る「ヒデの決断」は衝撃的だった。イタリア・セリエAを舞台に活躍し、日本選手の欧州移籍の先駆けに。