【ONE】3か月半ぶりに試合再開、上海で無観客も「最高の武術をアピールできた」

©株式会社ヨシクラデザイン

ONEが3ヶ月半ぶりに上海で試合(無観客)を行なった。左はチョークで一本勝ちしたリー・ジゥー

 ONE Championship(チャトリ・シットヨートンCEO)は、6月20日(土・現地時間)に中国・上海で無観客大会『ONE Hero Series 13』を開催し、翌21日(日・現地時間)には『ONE Hero Series 14』を同じく無観客で開催。どちらも中国国内限定で試合映像を配信。試合結果はテキストベースで世界各国にプレスリリースした。

 約3ヶ月半ぶりの大会開催となった。ONEは今年2月28日のシンガポール大会を新型コロナ対策のもと無観客で開催したが、以後イベントを延期していた。一方、米MMA団体UFCは、5月からイベントを再開しており、ONEの大会開催が待たれていた。

 新型コロナウイルス感染防止の対策が継続して求められる中、 ONEは、今大会に関わる全ての選手やスタッフたちが安全で衛生的な環境で活動するために、広範な医療検査、渡航歴アンケート、ソーシャルディスタンス、個人防護具(PPE)などの対策を実施したという。

『ONE Hero Series』は中国の若手格闘家たちが出場するシリーズで、昨年は主に北京の会場で毎月開催されてきた大会。試合では打撃でのKO、グラウンドでの一本も出るなど白熱した内容となった。

パウンドを連打するチャン・ズー・ハオ。1RでKO勝ちを収めた

 ONE Championshipグループのプレジデント、フア・フォン・テー氏は「ONE Championshipは、世界で最もエキサイティングな格闘技イベントを再び開催できることを嬉しく思います。上海は、中国の若手格闘技界の頂点を目指す『ONE Hero Series』を開催するには絶好の舞台であり、厳しい安全衛生対策を実施することで、皆様の健康を第一に考えた大会となりました。その結果、最高の武術を世界に向けて発信し、人間の精神力をアピールすることができました」とコメントしている。

 ようやく開催したONE、チャトリCEOは今月10日のコメントで「各国の政府の規制やロックダウン(封鎖)の方針は、それぞれ異なります。その為、全てを稼働させるには少し注意が必要です。しかし、私たちは立ち止まることなくこの状況に取り組んでおり、良い状況に向かっていると理解しています」と説明している。トップ選手たちが出場する今後の試合再開にも期待したい。

<ONE Hero Series 13 公式結果>

MMA(ストロー級)=Ze Lang Zha Xiが3ラウンド後、判定3-0でLiang Huiに勝利。
キックボクシング(71.8kg)=ルオ・チャオが3ラウンド後にZhao Jun Chenをスプリット・デシジョン(SD)で破る。
キックボクシング(フライ級)=Yang Huaが3ラウンド後にWei Zi Qinをスプリット・デシジョン(SD)で破った。
MMA(フライ級)=ワン・ジェンが3ラウンド後にゾウ・ジン・ボーをスプリット・デシジョン(SD)で破る。
MMA(ライト級)=フー・カンカンがワン・フーをサブミッション(リアネイキッドチョーク)で破った。

<ONEヒーローシリーズ14 公式戦結果>

キックボクシング(72.0kg)=シュウ・リューがZhao Xiaoに3-0の判定勝利。
MMA(フェザー級)=Zhu KangがAyijiake Akenbiekeに3-0の判定勝利。
キックボクシング(バンタム級)=フー・チンナンがユアン・ペンビンを3ラウンド後にスプリット・デシジョン(SD)で破った。
MMA(ライト級)=チャン・ズー・ハオが、ガオ・ボーに1R 3分43秒にKO勝ち
MMA(ストロー級)=リー・ジゥーがモー・ハオションをサブミッション(リアネイキッドチョーク)で破った。