マイナポイント事業にPASMOが参加 チャージ額の25%をポイント加算

©株式会社エキスプレス

画像:PASMO協議会

株式会社パスモは総務省が推進するマイナポイント事業へ参加し、PASMOマイナポイント加算サービスを実施する。期間中にPASMOへチャージすると25%分のマイナポイントが加算され、1ポイント=1円としてPASMOにチャージできるようになる、というものだ。

登録方法・サービス詳細は次の通り。2020(令和2)年7月1日(水)以降「PASMOマイナポイント加算サービス」に会員登録を行い、総務省の専用サイトからマイキーIDを取得。希望する決済サービスとしてPASMOを選択する。

ポイント集計期間(2020年9月1日~2021年3月31日)中に同PASMOにチャージすると、後日チャージ額の25%分のPASMOマイナポイントが加算される(上限5,000ポイント)。マイナポイントはセブン銀行ATMにて1ポイント=1円換算でPASMOへチャージできる。

累計チャージ額によってポイント受取時期が異なるのでその点には注意したい。

(1)期間中のチャージ額累計が20,000円以上
累計20,000円以上チャージした月の約3か月後に、ポイントをPASMOへチャージできるようになる。たとえば2020年11月末までに20,000円以上チャージすると、2021年2月中旬ごろに5,000ポイントをPASMOへチャージできるようになる。

(2)期間中のチャージ額累計が20,000円
ポイント集計期間終了から約3か月後の2021年6月中旬ごろに、1ポイントを1円に換算して登録済みPASMOにチャージできる。

最速でポイント還元を受けるなら、7月1日に会員登録し9月1日に20,000円チャージ、12月中旬ごろに5,000マイナポイントをPASMOへチャージ、という流れになるだろうか。

対象となるPASMOは記名PASMO・無記名PASMO・モバイルPASMO。PASMO PASSPORTや他の交通系ICカードは対象外。

鉄道チャンネル編集部