上地雄輔、松坂大輔とのYouTubeでコラボが現実的に…ファンも期待するその条件とは?

©株式会社ジーンステイト

画像:時事通信フォト

20日にタレントの上地雄輔さんが、自身のInstagramを更新。

上地さんは高校時代にバッテリーを組んだ、プロ野球選手・松坂大輔さんとの誓いを立てた色紙を公開し、話題になりました。

2人の誓いとは、どのようなものだったのでしょうか。

上地雄輔、松坂大輔との誓いを公表!YouTubeコラボに「楽しみです」とのファンの声

20日にタレントの上地雄輔さんが、自身のInstagramを更新。

上地さんは高校野球の名門・神奈川の横浜高校の野球部に所属。

1学年下にプロ野球選手・松坂大輔(西武ライオンズ)さんがおり、2人はバッテリーを組んでいました。

そんな上地さんが松坂さんとの、熱い約束を交わした誓いの色紙を公開しました。

その色紙には、松坂さんが日米通算200勝をあげたら、上地さんと対談すると書かれています。

上地さんは松坂さんの200勝記念に、YouTubeコラボすることをコメントし、それまでお互い頑張ろうと決意を露わにしました。

この投稿を見たファンからは、

「2人の勝負楽しみです」

「頑張ってください」

「対談楽しみに待ってます」

と、2人のコラボに期待しているとの声が、多く寄せられました。

 

平成の怪物・松坂大輔の現在までの軌跡!上地雄輔との約束まで残り30勝

松坂大輔さんの日米通算200勝を記念し、上地雄輔さんはコラボすることを宣言しました。

現在松坂さんは、日米通算で何勝しているのでしょうか。

2019年度までで、松坂さんの日米通算勝利数は170勝となっており、200勝までとは残り30勝となっています。

歴代で200勝をあげた選手は24名しかおらず、この目標を松坂さんが達成することは、かなりの偉業とも言えるでしょう。

「平成の怪物」との異名をもつ松坂さんの今までの活躍は、どのようなものだったのでしょうか。

松坂さんは高校3年生の時に、甲子園で春・夏連覇を達成し、西部ライオンズからドラフト1位を指名されプロ入り。

1999~2006年まで西部でプレーをし、「新人王」や「沢村賞」といったタイトルを欲しいままにしています。

そんな松坂さんは、2007~2014年までメジャーリーガーとして、レッドソックスやメッツといったチームで活躍。

2015年に帰国後、ソフトバング、中日と渡り歩いた末に、今年古巣の西部に戻ってきています。

上地さんとの約束を果たすまで、残り30勝である松坂さん。

40歳まで大半のプロ野球選手が引退する中、39歳という年齢で松坂さんが第一線でプレーすることに称賛の声が寄せられています。

年齢を重ねるごとに厳しい戦いになるとは思いますが、今後勝利を積み重ね松坂さんと上地さんのコラボしたYouTubeの企画を見たいものです。

(文:M.K)