新型コロナ移動自粛解除から最初の週末 山梨県への移動6割増 増加率は全国一

©株式会社テレビ山梨

山梨県をまたいだ移動が全国で可能となってから初めて迎えた週末、山梨県外から山梨県を訪れた人は前の週の土日と比べ6割余り増え増加率は全国で一番高かったことがわかりました。
NTTドコモの調査によりますと移動の自粛が解除されてから初めての週末となった6月20日、21日の午後3時時点に県外から山梨県を訪れた人は平均約6万8000人でした。
前の週の土日に比べ64%増え増加率は全国一の高さでした。
特にこれまで移動自粛の対象となっていた東京、神奈川、埼玉から訪れた人が多くそれぞれ80%ほど増加しました。
一方で前の年の同じ時期に比べると30%減っています。
また鉄道はJR中央線の特急の利用実績が前年の同じ時期に比べ7割減でした。
先週は8割減だったため減少幅は縮小し回復傾向です。
また中央道の交通量は前年に比べ1割減にとどまりほぼ半減だった前の週よりこちらも増えたことになります。
新型コロナの感染拡大以前まで人出が戻っていませんが県をまたいだ移動自粛が解除され人の往来は少しずつ増えている状況です。