避難所の3密回避 山梨県富士河口湖町 ホテルなどを避難所に 

©株式会社テレビ山梨

山梨県富士河口湖町は地元の観光連盟と協定を結び災害発生時にホテルなど民間の宿泊施設を避難所として開設することを申し合わせました。
協定を結んだのは富士河口湖町と町内の観光施設が加盟する富士河口湖町観光連盟で6月22日、渡辺町長らが協定書にサインをしました。
富士河口湖町には31の避難所がありますが感染防止策として密集など3密を避けると避難所の収容人数は従来の2割ほどに留まると町ではみています。
このためこの協定で観光連盟に加盟している約300のホテルや旅館などは町からの要請で避難所として最大で6000人の町民や帰宅困難な観光客を受け入れることになりました。
町では災害時の安全対策の充実で観光の復興を後押しする効果も期待しています。