23日の天気 西日本は梅雨の晴れ間で厳しい暑さに 関東や東北はすっきりしない天気

©株式会社ウェザーマップ

 23日(火)は、関東や東北、北陸ではすっきりしない天気で、沖縄は強い雨に注意が必要だ。西日本は晴れて暑さが続くため熱中症対策が必要となる。

九州は猛暑日になるところも 関東の梅雨寒は解消

 23日(火)は梅雨前線が沖縄付近にあり、関東付近の低気圧は動きが遅く、ゆっくりと北上している。そのため関東や東北太平洋側では雲が広がりやすい見込み。
 東京の最高気温は前日より高く26℃前後で蒸し暑さが戻りそうだ。東海から西日本は晴れて暑くなる見込み。九州では最高気温35℃の猛暑日となる所もありそうだ。
 マスクを着用時の熱中症対策として、人の距離を2m以上とった上でマスクを外しこまめな休憩をとるなどして心掛けたい。

(23日の予想最高気温)
35℃予想・・・久留米(福岡)、日田(大分)、佐賀、熊本
34℃予想・・・山口、人吉(熊本)

23日沖縄は”慰霊の日” 大雨に注意

 6月23日は、沖縄では”慰霊の日”に制定されている。”慰霊の日”とは、太平洋戦争で地上戦が繰り広げられた沖縄で、組織的な戦闘が終わった日とされる日だ。戦没者の御霊を慰め平和を祈る日として、沖縄では休日と定め、沖縄の公立の学校などは休みとなっている。
 沖縄では梅雨前線が停滞する影響で、沖縄本島では23日午後6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で100ミリの見込み。土砂災害や低い土地の浸水や河川の増水に十分注意する必要がある。沖縄本島地方では23日明け方にかけて、積乱雲の発達の程度によっては再度警報級の大雨となるおそれがあり、大雨への警戒が必要だ。

(気象予報士・崎濱綾子)