ビックカメラ、EC商品を最短45分で配達、「渋谷東口店」で実証実験

©ダイヤモンド・リテイルメディア

スタートアップ企業のエニキャリと連携して、小型商品を短時間で届ける

ビックカメラは6月22日、同社のEC(インターネット通販)サイトで購入された商品を最短45分で配達する実証実験を始めた。料理宅配代行のエニキャリ(東京都千代田区)と連携して、「ビックカメラ渋谷東口店」(東京都渋谷区)で3カ月間実験を続ける。

ECサイト「ビックカメラ・ドットコム」とエニキャリの配達システムを、テモナ(東京都渋谷区)の技術を使ってAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)で連携させる。

対象商品は、オフィス機器やパソコン周辺機器、ゲーム関連商品、事務用品、日用品を中心とする小型商品。利用者がビックカメラ・ドットコムで、「在庫のある店舗」から渋谷東口店を選択、配達方法として「今すぐお届け」を選ぶと、エニキャリの配達員が渋谷東口店で商品をピックアップして最短45分で届ける。届け先は渋谷区周辺を想定する。

エニキャリは2019年8月に設立されたスタートアップ企業。同社の注文サイトに出店した飲食店の商品を、ギグワーカー(ネットを通じて単発で仕事を請け負う労働者)が自転車などで配達するビジネスを展開している。

【小売・流通業界で働く人の情報サイト_ダイヤモンド・チェーンストアオンライン】