水上京香、「探偵・由利麟太郎」で黒い影に襲われるホステス役。「ずっと叫んでいます」

©株式会社東京ニュース通信社

水上京香が、フジテレビ系連続ドラマ「探偵・由利麟太郎」(火曜午後9:00=関西テレビ制作)の6月23日放送・第2話に出演する。

吉川晃司演じる主人公・由利麟太郎が、ミステリー作家志望の青年・三津木俊助(志尊淳)とバディを組み、数々の奇怪な難事件に挑む横溝正史原作のホラーミステリー。第2話「憑かれた女」で水上が演じるのは、京都祇園のクラブ「マダム・シルク」のホステス・吉岡エマ。

水上は「第2話はホラー要素が強いです。演じるエマはずっと叫んでいます。夏に放送されるので、夏にぴったりな、ちょっとヒヤッとしてもらえるような作品になっているんじゃないかなと思います」と見どころをアピール。演じる上では「喜怒哀楽、起伏が激しくて。毎日テンションの上がり下がりが大きかったです。『憑かれた女』とあるように、どこか乗っ取られているような感覚がありました」と熱演を報告している。

また、吉川との共演には「テレビでしか拝見したことがなくて、物静かでロックな方というイメージでしたが、撮影の合間にお話すると、とても物腰が柔らかくて…あとは、結構おちゃめな方だなという印象です(笑)。私が恋人役の赤楚衛二さんに助けてもらい、抱き合うシーンがあって、それが、吉川さんの近くで抱き締められるシーンだったんです。そしたら、吉川さんが『そんな近くでしてたら、照れちゃうじゃないか(笑)』って言われて(笑)。なんで吉川さんが照れるのって、思いましたけど、そういう、ピュアな気持ちも持たれていて、そんなふうに『照れちゃうよ』って言ってくださると、こちらも緊張がほぐれました。すごくストイックな方で、屈強な男という感じももちろんありますけど、ギャップのあるすてきな方だなと思いました」とエピソードを明かした。

得体の知れない“黒い影”に襲われる悪夢に悩まされ、恐怖で心をむしばまれたエマは、何かに取りつかれたように意味不明な言動を繰り返していた。「天井から切り落とされた女の腕が落ちてくる幻覚を見る」と嘆き、同じホステスの神崎美沙子(柳ゆり菜)の死体を見たと錯乱。店の常連で、恋人でもある五月翔太(赤楚衛二)は心配し、その窮地からエマ救おうとするが、やがて2人は恐ろしい殺人事件に巻き込まれていく。