高校野球、沖縄独自大会の組み合わせ決定 59チーム激突 7月4日開幕

©株式会社沖縄タイムス社

 県高校野球連盟が主催する「2020県夏季大会」の組み合わせ抽選会が23日、沖縄市の県立総合教育センターで行われ、出場する63校59チームの対戦相手が決まった。7月4日に開幕し、決勝は8月2日午後1時からタピックスタジアム名護で行う予定。

 シード校には春季大会で4強入りした中部商業、沖縄工業、宮古、日本ウェルネスが入った。

 同大会は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、中止となった第102回全国高校野球選手権(夏の甲子園大会)地方大会の代替大会。感染防止対策として、観戦は部員や3年生の保護者に限定する。

 多くの選手に出場機会を与えようと登録人数を最大60人に拡大し、ベンチ入りの25人は試合ごとに入れ替えることができる。

(資料写真)高校野球