マラソンコース年内に計測、札幌

五輪開催で、本番前テスト大会も

©一般社団法人共同通信社

東京五輪のマラソンと競歩の札幌開催を巡り開かれた実務者会議で、あいさつをする組織委の森泰夫大会運営局次長(右から2人目)=23日午後、札幌市(代表撮影)

 東京五輪のマラソンと競歩の札幌開催を巡り、大会組織委員会や道などは23日、同市内で実務者会議を開き、コースの計測や検定を年内に行う方針を明らかにした。来年3~5月に本番前のテスト大会を開催することも表明した。新型コロナウイルスの感染拡大で中断されていた五輪開催に向けた準備が再スタートする。

 会議終了後、組織委の森泰夫大会運営局次長が報道陣の取材に応じ、コース計測は、ワールドアスレチックス(世界陸連)の担当者が来日する必要があり、入国に向けた調整が必要との見解を示した。