「コレ、普通に買ったら高いよ」ダイソーがついに“コーヒープレス”まで売っていた。

©BuzzFeed Japan株式会社

ダイソーがついに「フレンチプレス」を売り始めました。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

一度やってみたかったので嬉しい!

もう、ダイソーで買えないものってないのでは…。

500円商品です。一見「高い!」と思うけど…

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

Amazonでの相場を見てみると、だいたい平均2500円くらいでした。

実店舗で買おうと思っても、取り扱いのある店は少ないんですよね。

紅茶も淹れられるのは嬉しい。

使い方はとても簡単です。

一杯分をつくってみます。中挽き〜粗挽きのコーヒー豆を10g(大さじ2杯)入れます。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

一般的なドリップコーヒーは「中細〜中挽き」です。

お湯を130〜160ml入れます。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

容器に目安の線などはないため、自分で測る必要があります。

フタをして、4分間“抽出”。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

抽出時間はお好みで!

そうしたら…

プッシャーをおろし、豆を濾(こ)します。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

プシュー。

豆とお湯の分かれ目がキレイ…。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

これがやりたかったんですよ〜♪

あとは注いで完成です!

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

時間はかかりますが、個人的にはドリップよりも楽チンに感じました。

抽出してる間は他のことができるので、忙しい朝でも飲めそう。

ドリップコーヒーと飲み比べてみました。その結果…

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

ドリップはあっさりと飲みやすく、フレンチプレスはガツンと豆の味を感じました。

豆の雑味まで感じるため、「濃くて重たいコーヒー」が好きな私にはドストライク!

なんといっても…

見てください、この油分の差を。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

一目瞭然ですよね。

油分の他に、コーヒーの微粉も確認できます。

新しい豆を買った時や、自分で豆を挽いた時など、「豆の旨みをダイレクトに感じたい時」にぴったりの淹れ方だと思います。

ただ…

ドリップに比べると、後始末は少し大変です。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

水でカスを流し、食器用洗剤で洗います。

作業自体はそこまで大変ではありませんが、紙フィルターに比べると工程が増えますね。

500円でおうちカフェ♪

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

なんと、ダイソーはコーヒーミルも売っています。しかし、あまりの人気で現在はほとんど在庫がないそう…。

それに比べると、フレンチプレスはまだSNSに目撃情報がありました。

ダイソーに寄った際はぜひチェックしてみてくださいね。

便利さ★★★★☆

デザイン ★★★★☆

コスパ ★★★★★

おうちカフェグッズといえば、IKEAの「ドリンクサーバー」もオススメです!

BuzzFeed

商品名は「ヴァルダーゲン」お値段は1999円。

お家用の小さめサイズ(5L)で、デザインがとってもかわいい。

フルーツを入れて、フレーバーウォーターにチャレンジ。

BuzzFeed

レモン、オレンジ、ミントを入れて2〜3時間置きました。

ミントとシトラスの香りがしっかりついて、おいしい!

果汁が加わってさっぱりした味わいになりました。

ベランダに置けばガーデンパーティー気分♪

BuzzFeed

天気がいい日にベランダにおいて、一緒にお菓子を食べればちょっとしたガーデンパーティーに!

便利さ★★★☆☆

デザイン★★★★★

コスパ★★★★☆

リピート★★☆☆☆