フェンシング仏代表の事前合宿地 地元の中学生 フランス語で激励動画制作

©株式会社テレビ山梨

フェンシングフランス代表の東京オリンピック事前合宿地になっている山梨県西桂町で、地元の中学生がチームを激励するためフランス語でメッセージ動画を製作しました。西桂町はフェンシングフランス代表の東京オリンピック事前合宿地になっています。
今回新型コロナウイルスの影響でフランス代表チームが練習ができていない状況にあることを受けて、西桂中学校が応援メッセージを制作することになりました。
6月23日は、2年生31人が顔にフランスと日本の国旗のシールを張りそれぞれのパートごとに「フェンシングが大好きです」「元気に会いましょう」といったメッセージを練習してきた流暢なフランス語で撮影しました。
撮影した動画は、7月上旬に完成し動画サイトなどで閲覧できるようにするということです。