期限迫るバルサ、あと7日で2選手を売却?

©株式会社コリー

バルセロナMFアルトゥールとユヴェントスMFミラレム・ピャニッチのトレード説が盛んに報じられている。

『Sky』は、ユーヴェが7250万ポンド(96億円)でアルトゥール獲得に合意したと伝えたが、これについてはバルサが否定したようだ。

そのアルトゥールは本日行われたアスレティック・ビルバオ戦に先発出場。こんな私服姿で登場している(以下動画40秒~)。

動画を見たい場合はここをタップ!

21秒~ではグリーズマンの私服も見ることができるぞ!

【関連記事】サッカー界のトレード移籍、「最高にうまくいった」8つ

ただ、『Marca』によれば、バルサは6月30日までに数選手を売却して7000万ユーロ(84億円)を作る必要があるという。

その理由は今季の収支を合わせるためで、それができなければ損失を計上することになるとも。

そのため、残り数日で2選手を売却することに躍起になっているとか。売却候補はアルトゥール、ジャン=クレール・トディボ、ネウソン・セメド、ジュニオル・フィルポ、アルトゥロ・ビダルらだというが…。