DeNAとKDDIがビジネスパートナーシップを締結…バーチャル横浜スタジアムの構築を目指す

©株式会社イード

野球 イメージ(c)Getty Images

横浜DeNAベイスターズとKDDIは、横浜DeNAベイスターズの各種事業領域との連携強化を目的に「ビジネスパートナーシップ」を締結した。

ビジネスパートナーシップは、2019年8月に締結したau 5GやIoTを活用した「スマートスタジアム」の構築に向けたパートナーシップを包括する形で締結し、ファンを魅了する次世代型スポーツ・エンターテインメント体験の提供に向けて連携していく。

具体的には、横浜DeNAベイスターズの各種事業領域と連携し、新たなエンターテインメント体験の創出を検討する他、バーチャル空間上にもうひとつの「横浜スタジアム」を構築し、自宅から現地観戦体験を可能にするバーチャル横浜スタジアムの構築を目指す。さまざまな環境下でファンとのコミュニケーションを実施し、au 5Gなどの先端テクノロジーを活用した新たなスポーツ観戦体験を検討する。

スマートスタジアムの構想では、これまで発表した横浜スタジアムのau 5G対応や、XR観戦など観戦体験を向上する施策の実施に加え、ICT技術を横浜DeNAベイスターズの選手に使ったトレーニングを実施する。

美坂柚木