好きな場所で食べられる!!今の時期に嬉しい「店内飲食もテイクアウトもできるランチ&カフェ」ベスト3

©奈良テレビ放送株式会社

 毎週月~金曜日ゆうがた5時30分から放送している奈良テレビの「ゆうドキッ!」。月曜日は「NARAベスト3」と題して、奈良をすみずみまで知る奈良まほろばソムリエの皆さんに、おすすめのグルメやスポットを3つずつご紹介いただいています。

 今回は奈良まほろばソムリエ・増田さんが紹介する「奈良市西大寺の店内飲食もテイクアウトもできるランチ&カフェ」です!店内でもテイクアウトでもOKで、テラス席があるなど好きな場所を選んで食事ができるお店を紹介します。

※この記事は奈良テレビ放送「ゆうドキッ!」で6月22日に放送された内容です。

遊び心のある創作料理が楽しめる!

1軒目は、西大寺駅から南西に歩いて10分ほど、住宅地の中にひっそりと佇む創作料理店「花想花(はなそうか)」さん。

井が高く開放的な空間で、店内には信楽焼の器がまるでギャラリーのように飾られています。こちらのお店では「遊び心のあるお料理」が楽しめるんです。

こちらは「おまかせコース(税込2,750円)」です。通常は2週間ごとにメニューが変わりますが、今は1か月に1度のペースでメニューが変わります。色鮮やかで、それぞれのお料理に対する丁寧なこだわりが見た目からも伝わりますね!!

なんと、この茶碗蒸しにはタピオカが入っています。やさしくまろやかな味なのですが、ピリッとスパイシーなカレーが少し入っていて斬新です。オーナーさんは想像力が素晴らしく、例えば、タケノコ料理といえば、若竹煮や天ぷらが有名ですが、タケノコが「俺もっと可能性があるよ」と言っているように感じ、キャベツとムースにしたらどうだろう!と考えられたそうです。このように、食材との会話を通して、色々なアレンジをされるんだとか…

また、こちらのお料理はテイクアウトも出来るんです!お弁当「ミニコース弁当(お試し価格 税込1,200円)」は、八寸(はっすん)と言う、懐石料理でいう前菜のようなものを中心に、メインの魚や肉などその日のランチの食材が多く入っています。

お料理やお弁当、色とりどりでお店の名前にもぴったりですね!実は、お店の名前にはもう一つ理由があります。「花想花」さんでは奥様がお花の販売もされているんです。予約をするとオーダーメイドでブーケやドライフラワーのリースなどを作ってくださいます。お食事の時のサプライズにもオススメです。

ロマンチックな演出と美しいお料理、幸せな空間にぜひ行ってみたいですね!

珈琲職人が選ぶ「よりすぐり」の珈琲

2軒目は、平城宮跡の西側にある「Cauda(カウダ)」さんです。

富雄で8年された後、西大寺に移転して5年目の珈琲専門店。オシャレで、観光地も近いので地元の人にも観光客にもオススメです。また、テラス席ではペットも一緒に過ごせるんです!こちらのお店では、ハンドドリップやサイフォンで珈琲を淹れてもらい、贅沢なひとときが味わえます。オーナーさんは「どういう豆を、どう挽いて、何をどうしたら珈琲を美味しくいれられるか」と日々探求されるコーヒーマイスターの資格もお持ちの珈琲職人さんです!

イギリスなど海外の珈琲ハンターから集められた世界中のコーヒー豆を気に入ったものだけセレクトして、自家焙煎するという「よりすぐり」の珈琲を出してくれます。また、こちらのミルクたっぷりの「カフェラテ(税込580円)」もオススメです。

ラテアートがとても魅力的ですよね!お好みでフレーバーを入れることもでき、一口飲んではうなってしまう味です。さらに、お得なセットもあるんです!

こちらの「ケーキセット(税込930円)」のスイーツは全て奥様の手作りで、ガトーショコラはあっさりと甘さ控えめですがコクがあり、コーヒーにピッタリです!もちろんコーヒーやケーキはテイクアウト可能です!コーヒー豆もお持ち帰りできて、ギフト用にもできます。オーナーが、目の前で淹れてくれるこだわりの一杯をお散歩がてら飲みに行くのもいいかもしれません。

本格的な石窯で焼き、地元の新鮮な野菜を使ったピッツァが絶品!

3軒目は、歌姫街道沿いにあるピッツァが美味しいお店「ピッツェリア  ヴィラマーゴ」さんです。歌姫街道とは、平城京・大極殿の北にある奈良と京都を南北に結ぶ道です。この辺りは奈良時代、建築資材が運ばれたり、平城京や古いお寺の瓦を焼かれたところで、瓦窯跡が多く残されています。また、平城京で雅楽を奏し、舞を舞った女官たちが多く住まわれた場所なんです。

そんな歴史のある歌姫街道沿いにあるこちらのお店、店内に入るとイタリアから船で運んできたという石窯があります。

窯の周りのぺインティングは、イタリア語でオーナーの料理に対する熱い想いが描かれています。ピザは種類も多くどれも生地がもちもちで、こだわりの小麦粉に、イースト、ミネラルウォーター、とっておきの塩で、薪を使って焼きます。窯の温度は450度にもなり、ピッツァの表面をカリッと、中をふんわりと焼き上げます。

こちらは、ピッツァのランチ「水牛モッツァレラとチェダーチーズとカマンベールチーズとすりおろし山芋のふわふわフロマージュピッツァ(税込2,300円)」です。ピッツァにはサラダとドリンクが付き、ボリューム満点です!さらに、野菜はお店の近くの農園の無農薬野菜を使っています。お店にも、およそ50平方メートルの自家菜園があり、地産地消・自産自消にこだわっておられるそうです。

ピッツァはテイクアウトもでき、種類豊富なメニューから選ぶことができます!採れたての野菜を料理に使えるのは新鮮で美味しそうですね!

気になるお店の場所は?

「創和ダイニング 花想花」さんは、オーナーさんの遊び心いっぱいの創作料理が味わえます。「Cauda(カウダ)」さんは、ご主人こだわりのコーヒーや自家製のスイーツで心やすらぐひとときが過ごせますよ!そして「ピッツェリア ヴィラマーゴ」さんは、本格的な石窯で焼き、地元の新鮮な野菜を使ったピザが絶品です。

※この記事は取材当時の情報です。