ラスト5分の感動はまさしく本物!! 今月の編集部イチオシ映画「ワイルド・ローズ」

©株式会社近代映画社

毎月公開される新作映画は、洋画に限っても平均40本以上!限られた時間の中でどれを見ようか迷ってしまうことが多いかも。そんなときはぜひこのコーナーを参考に。スクリーン編集部が“最高品質”の映画を厳選し、今見るべき一本をオススメします。今月の映画は実在のスター発掘番組の出演者をモデルに描かれる、歌手を夢見るシングルマザーの物語「ワイルド・ローズ」です。

ワイルド・ローズ
2020年6月26日(金)公開

カントリー歌手としての成功を夢見るシングルマザーが、時に愛する家族を傷つけながらも、やがて自分の本当の居場所を見つけていく感動の音楽映画。シンガーソングライターとしても活躍するジェシー・バックリーが主演を務め、劇中で全曲を自ら歌唱。主題歌“グラスゴー”は放送映画批評家協会賞の歌曲賞を受賞するなど賞レースの音楽賞を席巻した。「ハリー・ポッター」シリーズなどの名女優ジュリー・ウォルターズが共演。

監督/トム・ハーパー
出演/ジェシー・バックリー、ジュリー・ウォルターズ、ソフィー・オコネドー

© Three Chords Production Ltd/The British Film Institute 2018

編集部レビュー

ナッシュビルでのシーンがワクワクさせてくれる

歌手になる夢を追いかけるシングルマザーの奮闘記。と書くと身もふたもない感じだけど、この主人公、「幸せをつかむ歌」のメリル・ストリープみたいに夢のために家族を捨てちゃった女性ほど破天荒ではなく、「レイチェルの結婚」のアン・ハサウェイみたいな一家のトラブルメーカーっぽい感じ?

それはともかく個人的に一番の見どころは“ナッシュビル観光”!カントリー歌手の聖地なので、ちゃんと『ライマン公会堂』や『グランド・オール・オープリー』も出てくる。主人公と一緒に“お上りさん”になった感じでワクワクするし、クライマックスよりライマンのステージにこっそり忍び込んだ主人公が無観客の前で歌うシーンの方が感動的だった。

おそらくその時、彼女の心だけにハンク・ウィリアムズやジョニー・キャッシュといった“神”が宿っていたからかもしれない。

レビュワー:米崎明宏
編集長。久々に「歌え!ロレッタ愛のために」とか「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」とかカントリー歌手の映画を見たくなりましたね。

宣伝文句にある「ラスト5分の感動」は本物

夢はいつかきっと叶う。そんなメッセージの映画も嫌いではないけれど、「夢の尊さ」の押し売りに思えて受け止められないこともある。そんなささくれた心にも深く突き刺ささるのが本作だ。

主人公は歌手として成功を夢見るシングルマザー。スター誕生番組の出演者がモデルというが、刑務所帰りで幼い子もいる彼女には、夢の場所は遥か遠い。頼れるのは才能だけ。その歌唱には確かに人の心を動かす何かがある。

でも才能と努力で夢が叶うかといえばそれはまた別の話。むしろ夢より尊いものだってあるというのが本作のテーマだ。それが凝縮されるのが、彼女が最後に歌う自作曲「Glasgow」。「オズの魔法使」を引用し、故郷に捧げるその歌は「それぞれの居場所で懸命に生きる者」の心を静かに癒す。宣伝文句にある「ラスト5分」、その感動はまさしく本物だ。

レビュワー:疋田周平
副編集長。歌手でもある主演のジェシーさんは、カントリーはほぼ聞いてこなかったんだとか。それでこんな歌えるって…才能って凄い。

英国映画界から将来が楽しみな才能がまたひとり

主役を演じるジェシー・バックリーは「ジュディ虹の彼方に」で見せた、英国女優らしい知的で気品ある美しさに惹かれて注目していたのですが、今回なんと出所シーンから始まるなかなかやんちゃな役!?

不思議なことにこちらも板についていて、むしろ彼女の素に近いのかなと思ってしまうほど。他にも「ドクター・ドリトル」やドラマ「チェルノブイリ」にも出演と、役によって全然違うイメージで同一の女優だと気づかなかった…。

その上、驚くほど歌が上手だと思ったら、もともとシンガーソングライターなのだとか。彼女の歌うシーンはどれも見どころですが、泣いたり笑ったり毒づいたりする(右の口角が少し上がるのがかわいい)豊かな表現力が、歌唱シーンだけの映画ではないことを証明してくれます。層の厚い英国映画界、またしても将来が楽しみな逸材を輩出してくれたようです!

レビュワー:阿部知佐子
今年のBAFTAで主題歌「Glasgow」を堂々と歌い上げる姿は圧巻!歌声に聴き入る豪華すぎる観客の中にはあの「パラサイト」コンビも。

カントリーは3コードの真実!

歌手になる夢を追うシングルマザー、ローズ(散らかりタイプ)。雇用主に旅費下さいって言ったり(せびるな!)、ラジオパーソナリティーに作詞しろって言われたり(作ってなかったんかーい!)とツッコミどころ満載な彼女ですが、そのダメダメなところも愛おしく思えるのは、カントリーが好きで歌うのが好き、というのが全身からみなぎっているから。

ところが公には子供はいないし、前科も無いことに。カントリーは「3コードで真実を表現できるの」と豪語していたのに、自分が空っぽであることに気づきます。そんな状態で歌えるわけもなく、夢に向かって動くたびに壁が。歌う力を無くした彼女に母親がかける言葉がとても重みがあり染みました。

迷走を繰り返しながらも導かれるように生み出された曲は素朴だけど力強く、真っすぐな彼女の生き様と歌声にパワーを貰えました。

レビュワー:中久喜涼子
ソフィー・オコネドー演じるスザンナがめちゃめちゃ良い人。ローズのことをお金を稼げるミュージシャンと評価して接している姿が清々しかったです。

音楽の街から音楽の街を目指すシングルマザー

“グラスゴー”出身のローズは“ナッシュビル”で歌手としての成功を夢見るシングルマザー。素人目に見るとどちらも音楽の街だが、全くの似て非なるもの。グラスゴーは世界的バンドを多数輩出しているものの、ローズが目指すのは“カントリー・ミュージックの聖地”だ。

“グラスゴーのカントリー歌手はありえない”という台詞も出てくるほど彼女の夢は異色らしい。しかし保護観察中&子供二人を持つローズが海を越えるのは容易でなく…

主役は紛れもなくローズとその圧倒的歌唱力なのだが、鑑賞後に思い出すのは“パン屋勤続20年”のローズの母。親としての自覚がない娘を厳しく諭す一方、誰よりも夢を叶えてほしいと願っている。夢と現実の間で葛藤する子供を一撃で後押しできるのは、やはり親しかいないんだな(晴れて憧れの地へ上陸したローズのナッシュビル滞在記がこれまた楽しい!)。

レビュワー:鈴木涼子
冒頭の『カントリー・ガール』ローズver.が映画の幕開けにふさわしすぎて…。オリジナルを歌うプライマル・スクリームの出身地はもちろんグラスゴー!