郷ひろみが10年ぶりの「SONGS」でヒット曲満載のSPメドレーを披露!

©株式会社東京ニュース通信社

郷ひろみが、NHK総合で7月4日放送の「SONGS」(土曜午後11:00)に10年ぶりに登場。名曲・ヒット曲をノンストップ・スペシャルメドレーで披露する。

1972年に「男の子女の子」で歌手デビュー以降、数々のヒット曲を世に送り出してきた郷。「NHK紅白歌合戦」への出場は実に32回。今年65歳を迎えるとは思えないほどの歌声とパフォーマンスで、国民的なスターとしての存在感を放ち続けている。

今回、10年ぶりの出演となる番組では、昭和・平成・令和と三つの時代をスターとして駆け抜けてきた郷が、日本全国に歌で元気を届けるためにと、それぞれの時代を代表するヒット作・全12曲を、スペシャルメドレーでパフォーマンスする。

記念すべきデビュー曲「男の子女の子」をはじめ、「誘われてフラメンコ」「お嫁サンバ」「2億4千万の瞳」などアイドル時代のヒット曲から、大人のシンガーとしての一面を印象づけた「言えないよ」や「逢いたくてしかたない」、さらにキレのあるダンスが光る「GOLDFINGER ’99」といった名曲、そして、令和の最新曲「ウォンチュー!!!」まで、時代を超えて愛される曲をノンストップで届ける。輝き続ける郷の魅力を、余すところなく堪能できる30分だ。