アイコス広告に課徴金5億円

過去最高額、消費者庁

©一般社団法人共同通信社

消費者庁が景品表示法違反に当たると指摘したアイコスの広告(同庁提供)

 消費者庁は24日、加熱式たばこアイコスを「期間限定で安く買える」とした広告は虚偽で景品表示法違反(有利誤認)に当たるとして、フィリップモリスジャパン(東京)に課徴金5億5274万円の納付命令を出した。同庁によると、過去最高額。期間を過ぎた後も割引キャンペーンを続けていた。

 同庁表示対策課によると、違反対象は2016年1月~18年3月に、コンビニ3社の各店舗の店頭に設置されたアイコスの2製品の立体広告など。

 同社の担当者は「不適切な表示を指摘された広告については深くおわびし、二度と同様の事案がないよう社員研修などで景品表示法順守の徹底に努める」と話した。