御巣鷹で僧侶らが登山道を整備

慰霊のため、台風19号で被害

©一般社団法人共同通信社

「御巣鷹の尾根」の登山道を整備する僧侶ら=24日午前、群馬県上野村

 乗客乗員520人が亡くなった1985年の日航ジャンボ機墜落事故の現場となった「御巣鷹の尾根」(群馬県上野村)で24日、県内外の僧侶ら8人が集まり、昨年10月の台風19号被害で崩落したスゲノ沢付近の登山道に代わる新たな迂回路を整備した。事故が起きた8月12日を控え、遺族らが楽に登れるよう、ボランティアとして行った。

 午前9時ごろ僧侶らは登山口に集まると、スコップやくわを手に入山。管理人の黒沢完一さん(77)の指導を受けながら、崩落した登山道付近の斜面を掘り返し、80メートルほどの道を新たに作った。昼すぎには墜落地点に立つ「昇魂之碑」で手を合わせ、読経した。