リスク覚悟で結婚発表に踏み切った東方神起・チャンミン

©株式会社ジェイプレス社

イメージ

人気男性デュオ・東方神起のチャンミンが9月に結婚することを先日、公式ファンクラブで発表した。

チャンミンはファンに感謝の気持ちを綴ったうえで、「現在私には交際中の女性がいます。その方と確かな気持ちと信頼をやりとりして良い関係を過ごしてきて、自然にこの人と今後の人生を共にしたいと決心をすることになり、暑さが一段落する頃の9月に式を挙げることにしました」と報告した。

チャンミンは昨年末、知人の紹介を通じて知り合った一般女性との交際を報じられていた。各メディアによると、9月5日に挙式を行うという。

「現在は日本での活動がメインだが、客層は30代以上の女性たちが大半。そんな状況での交際報道、そして結婚はファンが大幅に減りそうでかなりリスクがあったが、結婚を選択。ネットでは祝福する声が多く、ファン離れをそれほど心配する必要がなさそうだ」(音楽業界関係者)

もともと5人組だった東方神起は03年に結成され、04年に韓国、05年に日本でデビューを果たした。

07年には日本武道館での2日連続公演を成功させ、08年にはシングル「Purple Line」で初めてオリコン週間シングルランキングの1位を獲得。08年に紅白初出場を果たし、09年には念願だった東京ドーム公演を成功させ、いつしか日本が活動の拠点になった。

しかし、東京ドーム公演の直後、所属事務所との契約をめぐるメンバーの分裂騒動が勃発。結局、解決することはなく、11年1月に2人体制で活動再開を果たした。

2人とも兵役を終えて17年に再始動したが人気は衰えず。先月末には新型コロナウイルスの影響で公演が中止になったのを受け、初のオンライン公演を開催。

その後の結婚発表となったが、日本から多くのファンが現地に祝福に駆けつけそうだ。