強毒ヒアリ川崎にも コンテナから数百匹発見

©株式会社神奈川新聞社

 川崎市は24日、南米原産の強毒アリ「ヒアリ」が、同市川崎区東扇島の事業所敷地内に荷下ろしされたコンテナ内から数百匹見つかった、と発表した。事業者がすぐに殺虫処分やコンテナ内部の薫蒸処理を行い、周辺では今のところ、疑わしいアリは確認されていないという。

 市によると、ヒアリは女王アリと働きアリ。コンテナは中国から横浜港に11日に入港、陸揚げされ、事業所敷地内に搬送された。事業者が19日に発見し、県を通じて環境省に通報。22日にヒアリと確認された。

 市環境調整課は「市街地への侵入や周辺地域で定着、繁殖している可能性は低い」とみる。周辺に粘着わななどを設置しており、引き続き調査を続けるという。