日本選手権、東京開催に向け調整

日本トライアスロン連合

©一般社団法人共同通信社

 日本トライアスロン連合は24日、オンラインで理事会、総会を開き、ことしの日本選手権を11月8日に、当初予定通り東京五輪会場のお台場海浜公園周辺での開催を目指すことを決めた。既に五輪向けの仮設設備があるため実施が難しい見通しだったが、選手の要望を受けて関係各所と調整する。8月上旬をめどに最終判断する。不可能となった場合は10月17日に岐阜県海津市で行う。

 新型コロナウイルス感染対策として、出場選手は例年の半分程度の30~40人に制限する。延期、中止が相次いだ国内主要レースは9月20日のアジアカップ村上大会(新潟)で再開される予定。