鉄道を擬人化!「レヱル・ロマネスク」2020年秋にアニメ放映決定!

©有限会社ルーフトップ

PS4 & Nintendo Switchにて好評発売中の人気ゲーム「まいてつ pure station」の世界観をベースに、鉄道を擬人化したレイルロオドと呼ばれる完全オリジナルキャラクターのみが登場する新シリーズ「レヱル・ロマネスク」が、2020年秋にアニメ化することに決定した。

アニメの舞台は、「第一回まいてつ祭」の開催を企画していく中で、主要キャラクターの「すずしろ」が中心となり、「レイルロオドサミット」を主催する。有名レイルロオドたちが集い「第一回まいてつ祭」へ更なる彩りを加え、疲弊しきった経済の立て直しを図るべく知恵を絞っていく物語となっている。

メインヒロインのすずしろは、万岡鉄道C1267専用レイルロオドであり、ややマニアックな性格をしている。しかし、見かけによらず逆境に強いキャラクターを人気声優の上坂すみれが演じる。また、名児耶鉄路ホジ6005形ホジ6016専用レイルロオド汽子”役には洲崎綾さんその他、7名のキャラクターのキャストについては随時情報を公開していく予定。

また、今回アニメ化の決定とともにクラウドファンディング7月上旬からスタートする。参加した方には、VR試写会の参加やBlu-rayなどがプレゼントの内容になっている。詳細については、随時更新しているので公式HPなどで確認できる。